歯科とマウスピース

歯科で使う器具について

トップ / 歯科で使う器具について

歯科で作るマウスピース器具

歯ぎしりに悩む人が増えています。歯ぎしりの原因にはストレスが大きく関与するとされており、現代社会の病とも言われるからです。すぐに歯ぎしりを治すことはなかなか難しいものですが、対症療法としてマウスピースを装着する方法が注目されています。マウスピースなどの歯科器具は、医師の診断を受けて作る事になります。その際には、上下の歯のかみ合わせや額関節の状態も診察される事になります。マウスピースは睡眠時に装着する事になりますが、馴れるまでには何度か作り直す事も想定しておきましょう。歯ぎしりは肩や首の痛みを誘発することも指摘されています。なるべく早く歯科治療を開始しましょう。

治療に使う器具の名称

歯科で使う器具の名称は、発音が難しいものや似たような名前が出て来にくいものがあります。器具の名称をしっかりと覚えていても医療の現場で医師等からその道具を渡すように咄嗟に指示を受けた時は、戸惑い、パニックになる恐れがあります。焦りやパニックは歯科治療を受けている患者の心身に悪影響を及ぼす危険性があるので注意が必要です。落ちついて行動すれば、ミスをしたりパニック状態になる事はないです。限りある時間の中での行動に注意が必要です。ミスやパニックを防ぐ方法としては、自分の身近に関係する道具を事前に用意しておき、治療中にスムーズに取れる体制を構築しておく事です。

全国各地の歯科の情報