緊急の治療を歯科で

緊急で歯科へ行きたいとき

トップ / 緊急で歯科へ行きたいとき

歯科医院に来る緊急患者

歯医者に救急でくる患者さんもいます。どのようなときでしょうか。一般歯科の場合、虫歯が痛くてどうしようもないときに電話連絡をして、行きます。また、矯正治療や入れ歯、インプラントなどの特殊な治療の際にも、急患でくることがあります。例えば、矯正治療の装置が取れてしまったときや、入れ歯・インプラントが合わなく、自分ではどうにもならないという時などです。個人の診療所の場合は、休日や夜間になかなか対応できないので、歯科の救急センターに行くことになります。診療時間内であれば、対応してもらえます。あまり耳慣れないのですが、病気の時だけでなく、歯の急患というのもあります。

救急時の治療を受けたいときは

医療機関が休診日で歯にアクシデントがあった時は、救急医療を行っている歯科を受診して下さい。救急の医療機関では、歯の応急処置や一時的なケアをしてくれます。しかし、それは一時的なケアでしかなく、さらなる治療が必要なので、緊急で見てもらった医師からは、翌日等に早急にかかりつけの歯科に行くように言われます。この機関を利用した場合、休日料金を取られます。経済的な負担は増えますが、痛みや不快感は緩和する事が出来ます。昨今、一般の開業医でも毎日開業している所が増えたため、急な歯のアクシデントに直面しても日頃から通院している医療機関で適切なケアを受ける事が出来ます。

全国各地の歯科の情報